中国吉林から健康と元気を通販いたします。
ホーム朝鮮人参と高麗人参そして御種人参(おたねにんじん)

朝鮮人参と高麗人参そして御種人参
朝鮮人参と薬用人参はもちろんのこと、高麗人参、御種人参も同じものを指します。

もともと日本では朝鮮半島から来た人参という意味で朝鮮人参と呼んでいますが、韓国では「朝鮮」という呼称をきらうため、戦後、日本の人参取扱業者が韓国に配慮して薬用人参と呼ぶようにしました。しかし、「薬用」という言葉は薬事法に抵触するという行政指導によって高麗人参と呼ばれるようになりました。

日本に朝鮮人参が渡って来たのは、朝鮮と日本の交流の中で記憶に残るものでは天平11年(739年)時の聖武天皇に贈られたのが始めてとされています。その後、人参は長い歴史を通じて交易品として朝鮮半島から日本に入って来ました。

日本での人参の栽培は徳川時代、八大将軍吉宗の時代にようやく始まりました。幕府は繰り返し人参の生根と種子を朝鮮、中国から持ち寄り、施行錯誤を繰り返し享保14年(1729年)に、日光で初めて人工栽培に成功しました。幕府は人参の栽培方法を公開する一方、各大名に種を分け与え、各藩の財源として全国に人参栽培を奨励しました。幕府から下賜された人参という意味でこの人参のことを御種人参(おたねにんじん)と呼びました。

現在、御種人参の生産地は、長野県の上田、福島県の会津若松、それに島根県の大根島の三か所だけです。その中で最大の生産地は会津若松です。人参栽培発祥の地である日光地方は明治になってすたれ、今は全く生産していません。
三県で生産される人参の90%以上は海外市場に輸出されているのが実情です。日本国内では日本産はあまり受け入れられてないようです。やはり人参は本場の朝鮮半島や中国大陸のものに根強い人気があります。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス