中国吉林から健康と元気を通販いたします。
ホーム暑い夏には西洋人参が最適です。

暑い夏には西洋人参が最適な生薬です。
地球温暖化の影響かと思いますが、近年の日本の夏は異常に暑いです。
暑い夏は疲れが溜まりやすいばかりでなく取れにくいものです。一日中、眠たい状態が続いたり、口が渇いたり、大汗をかいたりもします。この様な症状は、寝るだけでは改善しません。

疲労やストレスが長期に渡って溜まると、体内の代謝機能が乱されてしまいます。このような時、西洋人参はぴったりの生薬なのです。

西洋人参は朝鮮人参と違い、性質が涼性です。食べた後のぼせたり、ほてることがありません。体内の気を整えながら、熱を下げ体内に必要な成分を生み出してくれます。草花に肥料を与えないと枯れてしまうように、人間の体にも栄養を与えないと不調になります。

適量の西洋人参を摂ることにより体内に甘泉が掘ってあるかのように、つねに体に必要な成分を生み出し、体を健康に保ってくれるのです。

西洋人参は、朝鮮人参より補気(元気をつける)の作用は弱いので、体力が消耗している方、お年寄りや病中、病後の回復期に穏やかに作用して体を潤してくれます。また熱を冷まし鎮静させる作用があることから、スポーツの後や暑がりの人、熱証の人にも適しています。四季を通じて、だれでも服用できる生薬です。
特に暑い夏の季節を乗り切るのに最適な健康食品といえます。

ここで、簡単な西洋人参の摂り方をお教えします。
作り方はとても簡単です。
お茶碗に西洋参片 を適量入ます。そこに、熱いお湯を注ぐだけです。 そして蓋をして5分程度待ってください。西洋参茶の完成です。日本茶と同じように数回繰り返して使えます。
お好みで、そこに蜂蜜を入れたりするのもいいです。

時間が許されるのであれば、煎じることをおすすめします。
煎じることによって、有効成分を完全に抽出することができます。
鍋、またはやかんに1リットル以上(蒸発分を考慮する)の水を用意して、西洋参片を10g程度を入れ沸騰させます。その後10程度弱火で煎じます。冷やしてから500mlのペットボトルに2本に分けて入れ冷蔵庫で保管します。
暑い時の水分補給に最適です。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス