中国吉林から健康と元気を通販いたします。
ホーム集安産の朝鮮人参

集安産の朝鮮人参は最高ブランドです。
朝鮮人参は吉林省、遼寧省、黒龍江省の東北三省、及びソ連の東海岸地区、朝鮮半島(北朝鮮・韓国)に広く分布しています。中でも長白山を中心とした中国東北部集安(しゅうあん)や撫松(ふしょう)及び北朝鮮産は有名です。この地域の人参を総称して長白山人参とも呼んでいます。
この辺りは肥沃な黒土地帯で、寒冷、また多湿な気象条件が朝鮮人参を栽培するのに最適な環境にあります。

このなかで、集安人参は400年の長い栽培歴史を持っています。集安人参は「辺条参」とも言われています。また清朝中期に皇帝に献上された人参であったことから「皇封参」とも呼ばれています。集安での生産量は中国辺条参生産量の90%を占めます。

元々は長白山の野山参を元祖として、その多くの特徴を引き継いでいます。体が長くヒゲが真っすぐで、また朝鮮人参の主要成分であるサポニンを多く含むのが特徴です。長白山の人参祭りで有名な撫松の万良人参(普通参)より優良です。万良人参は「分体参」と言われていて、主体から支体が多く水垢、瘢痕が多く、価格も集安産より安いです。
集安人参で加工された紅参は、ちょうど良い色合いと硬さで、透明感があり、良い香りと共に苦みを感じられます。ほかの人参とは比較できないほどよいものです。

集安の新開河流域の人参は長い栽培歴史のなかで試行錯誤を繰り返して独特な栽培方法を見つけ出し優良な人参を作り上げていったのです。

数ある朝鮮人参の中で、集安産の人参は最高ブランドなのです。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス