中国吉林から健康と元気を通販いたします。
ホーム女性におすすめの紅参酒の作り方

女性におすすめの紅参酒の作り方
代替テキスト

漬け込み直後の紅参酒

女性の冷え性対策に紅参酒はいかがでしょうか。
女性は、女性特有な体のつくりや男性に比べて筋肉の量が少ないために熱を発生しにくく、冷えやすいといわれます。また女性の薄着ファッションやダイエット志向も冷え性を促進させる原因にもなっています。そのため、ほとんどの女性が少なからず、冷え性だと言っても過言ではありません。

朝鮮人参には「温性」の性質があります。特に紅参は白参より加工法の違いで「温性」の性質が強く表れます。血液のめぐりを良くして、おだやかに体を温める作用がありますので、そんな冷え性の女性の方にはぴったりの健康食品です。

紅参酒は、朝鮮人参の紅参をベースにその他の相性のよい生薬から作ります。紅参のみの使用でもよいのですが、他の生薬を入れることによる相乗効果も期待できますし、また飲みやすくもなります。

紅参は収穫した朝鮮人参を蒸気で蒸してから乾燥させて作られます。蒸すという加工工程で人参の有効成分であるサポニンが損なわれることがないため、白参よりもサポニンの含有量が多いの特徴です。また蒸すという工程のためか人参の持つ独特なくさみが白参よりが抑えられていますので、女性の方には受け入れやすいかと思います。

紅参酒は、参茸酒と違って苦み成分の多い霊芝やちょっと遠慮しがちな動物性の鹿茸を含みません。クコの実の成分と五味子の成分とがあいまってとても飲みやすい薬用酒です。どうぞお試しください。

先に紹介した参茸酒と作り方そのものは変わりません。材量の種類が少ない分だけ作り方も簡単です。
準備するもの(参茸酒のときと同じです)
  • 密封できる広口のビンを用意します。梅酒などを漬け込む時に使う容れ物でもよいです。
  • ホワイトリカー: (25度、または35度)1.8リットル
    ※乾燥生薬の使用、また女性向きということ25度でもよいでしょう。ただ、生の生薬を使用する場合などでアルコール濃度が15度くらいに低下すると腐敗する恐れがあるので気をつけてください。
材料
  • 朝鮮人参 紅参(乾燥品):100g程度
  • クコの実: 100~150g
  • 五味子: 50g
※材料の分量はお好みにより調合してみてください。

下準備をします。(これも参茸酒のときと同じです)
クコの実、五味子はホワイトリカーで表面の埃や異物を取るイメージで洗い流してください。水洗いでもよいのですが、また乾燥させないといけないので手間がかかります。また決して洗い過ぎないでください。色が落ちてしまいます。
人参は異物が付着していたら取ってください。

用意したビンに材料を入れ、ホワイトリカーをゆっくり注いでください。
後は、冷暗所に3~6ヶ月くらい置いてお飲みになれます。紅参は白参より有効成分が溶け出しやすいので参茸酒より短い期間で飲めます。

お好みにより氷砂糖、蜂蜜を入れても良いのですが、最初に入れると抽出が遅くなると言われるので、漬け込み後1ヶ月以上経ってからにしてください。
※材料から甘味成分も抽出されるので、糖分を入れるのは熟成してからでも遅くないと思います。個人的には加糖しないことをおすすめします。

1日、10〜20cc程度を目安に食前にお飲みください。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス