中国吉林から健康と元気を通販いたします。
ホーム長白山撫松朝鮮人参祭り

第25回中国撫松長白山人参祭りの開催
代替テキスト

第25回中国撫松長白山人参祭りの開催

毎年、中国吉林省の長白山の麓の町「撫松(ふしょう)」では現地の人たちにとってとても大切な朝鮮人参祭りが開催されます。

朝鮮人参祭りは人参産業の振興とその発展と成長、さらに国際化交流の活性化を図ることを目的としています。

今年(2011年)も9月3日の夜、第25回中国撫松長白山人参祭りと人参展示会の開幕式が吉林省長白山撫松県で行われました。人参祭りに来賓された各界の著名な方たちは、文化祭の華やかな演出を楽しみました。

吉林省長白山市撫松県は朝鮮人参の主要生産地であり、また朝鮮人参の故郷として知られています。地元住民のほとんどが人参栽培農家です。撫松県は人参の人工栽培が最も早く行われた地であります。人参栽培は300年以上の歴史を持ち優良な品質と生産量の大きさは国内外で有名です。

1987年から初められた撫松人参祭りは人参故郷の盛大な祭りです。例年8月中頃から9月の初めにかけて行われます。人参祭りの最中には、各種類の人参、また人参食品が展示されます。また長白山地区の医薬、郷土お土産、工芸品、健康ドリンク、お酒及び軽工業産品などが展示されます。
毎年数千名の国内外から来賓が訪れて人参祭りのお祝いに参加します。

朝鮮人参祭りが終わると、本格的に朝鮮人参の収穫が始まります。9月の初めから11月の上旬までが、朝鮮人参の収穫、売買の最盛期となります。

11月初旬過ぎると山は、霜で覆われ朝鮮人参の栽培はほとんどできなくなってしまいます。これを現地では「封山」と呼んでいます。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス