中国吉林から健康と元気を通販いたします。
ホーム神農本草経と本草網目

神農本草経と本草網目
代替テキスト

神農本草経(上)、本草網目(下)

当ホームページにも記述されています神農本草経(しんのうほんぞうきょう)と本草網目(ほんぞうこうもく)について解説します。

神農本草経は中国最古の薬物書といわれており、個々の生薬の薬効について述べています。

「神農」とは4000~5000年前の古代中国の神で、身近な草木の薬効を調べるために自らの体を使って草根木皮をなめて、何度も毒にあたっては薬草の力で甦ったといわれています。こうして発見した薬によって多くの民衆が救われ、神農は薬祖神として祀られるようになりました。

神農は伝説上の人物ですので、神農本草経は神農によって書かれた書物ではありませんが、こうした伝説にあやかって書名がつけられたようです。神農本草経は著者が不明で、古代中国人に伝わる薬物を用いた治療法の集積を、一人物の業績になぞられて神話化したものといえます。成立年代も定かではありませんが、後漢の頃にその原型ができたといわれています。原本は古くに散逸してしまいましたが、その後、梁の陶弘景(452~536)が500年頃に著した書物に引用した内容が残り、それをもとに近世になってから充実した復元本や注釈書がまとめられました。

神農本草経の特徴は、1年の日数に合わせた365種の薬物を上品(じょうほん、120種)・中品(ちゅうほん、120種)・下品(げほん、125種)と薬効別に分類されていることです。(これは、それぞれ上薬、中薬、下薬ともいいます。)

上品は「養命薬(生命を養う目的の薬)で、無毒で長期間服用しても副作用はなく、身体を軽くし、元気を益し、不老長寿の作用がある。」、中品は「養性薬(体力を養う目的の薬)で、使い方次第で毒にもなるので注意が必要で、病気を予防し、虚弱な身体を強くする。」、下品は「治病薬(治療薬)で、毒が多いので長期にわたる服用は適さず、病気を治すための薬である。」とされています。
このように「神農本草経」では保健もしくは予防的な薬物が上ランクに、治療薬が下ランクに位置しています。

「本草網目」は世界的に知られている有名な明代の薬物書です。現代でも様々な薬草辞典の原点はここにあります。
本草網目は明の李 時珍(1518~1593)によって書かれたものです。李 時珍は中国医学が世界に誇る薬学者の一人で、一開業医として生涯を送りました。しかし、本草学に異常な興味を抱き、全国を採取旅行して研究材料を集め、27年がかりで完成したのが『本草綱目』全52巻の大著です。

李 時珍は、従来の本草書の知識を集めるとともに、約1900種の薬用植物、動物、鉱物などを16部60類に分けて、その産地、性質、製薬方、効能などを解説し、また、従来の説に対する批判を加えて、万暦6年(1578)完成し、同18年に刊行されました。その死後、同31年に再び刊行されました。この本はたびたび改訂、復刻されましたが、現在でも非常に権威のあるものです。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス