中国吉林から健康と元気を通販いたします。
ホーム個人輸入について
個人輸入について
個人輸入のはっきりした定義はありませんが、個人輸入とは「外国製品を個人で使用することを目的とし、自ら、あるいは代行業者を通じて海外の通信販売会社、販売店などから購入すること」を指します。 したがって、海外旅行の際に購入して国内に持ち込む携帯品も個人輸入のひとつといえます。
個人輸入といってもなんでも輸入出来るわけではありません。個人輸入も輸入のひとつの形態であるので輸入が禁止されているものや、輸入時に規制がかかるものもあるので注意が必要です。

食品の個人輸入について
通常、食品の輸入には、食品衛生法(食品一般)と植物防疫法(穀物、果物、豆類等)家畜伝染病予防法(肉類等)に基づく審査や検査等が義務づけられていますが、自分が食することを目的として輸入する場合は食品衛生法による届出や検査は免除されます。ただし、輸入の量が個人消費としては不自然に多い場合などでは、税関が輸入者に対して確認を求めることがあります。食品の個人輸入とみなされる量は、目安として10kg程度です。
個人使用を目的として健康食品を輸入する場合には、法的な規制はありません。ただし、海外で健康食品として販売されていても、それが日本国内で医薬品とみなされる場合は「薬事法」によって規制をうけるので、注意が必要です。
当店で取扱う商品にそのようなものはございませんのでご安心ください。
また、購入した製品を第3者へ譲渡、転売することは法律で禁じられておりますので注意してください。

吉林インポートは日本のお客様ご自身が個人使用の目的で個人輸入をする際の手続きを代行いたします。
ご使用に関しては、商品の特徴をよくご理解の上、個人輸入されたご本人の責任でご使用ください。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス